HOME / 美空ひばりの「ココだけの話」中村メイコが語る“昭和の大スター”特別企画

中村メイコが語る“昭和の大スター”美空ひばりのココだけの話

7月は“昭和の大スター”美空ひばりを1ヵ月間特集。子役時代からの大親友・中村メイコが厳選した「東京キッド」から「愛燦燦」「川の流れのように」まで名曲百選を放送。さらにジャケット撮影裏話や感動秘話まで、2人だけの秘密の思い出話もお届けします。ここではその一部をご紹介! 見ぬ美空ひばりとその魅力を知る絶好のチャンス! ぜひお楽しみください。

昭和の大スター 美空ひばり今明かされる「ココだけの話」とは!?

特集の中で中村メイコが語る「ココだけの話」から、ここでは3つのエピソードを少しだけご紹介。このほか“三分粥”や“絵本の朗読”、感動秘話など、「初めて話した」という誰も知らない貴重なお話の数々が飛び出します!

ココだけの話1
英語の発音!?
ジャズやシャンソンなどモダンな楽曲を、とても美しい日本語で歌う表現力が魅力の美空ひばり。英語詞の発音もニューヨークでネイティヴと勘違いされるほど美しいものでした。でも中村メイコは見ました。ココだけの話……ステージ上には英語を全部カタカナで縦書きにしたカンペが貼ってあったそうです――!!
ココだけの話2
赤いミニのワンピース!?
当時の大流行していたミニスカート。それを美空ひばりが履き、多くの人に鮮烈な印象を残したのが、「真赤な太陽」のジャケットです。ポーズを決め着こなしているこの赤いミニのワンピースですが、ココだけの話……背丈がほぼ同じサイズだった中村メイコの仮縫いしたものを借りて着て撮影したものなのです!
ココだけの話3
「港町十三番地」!?
たくさんのマドロス曲を歌った美空ひばり。中でも昭和32年リリースのシングル「港町十三番地」には特別なエピソードが。タイトルも詞も当初は「三番地」であったが、レコーディングの際にメロディに乗せるのが難しく、ココだけの話……歌いやすくする、という美空ひばり本人のアイディアで「♪じゅうさんばんち~」となったそうです。放送で、ぜひ聴いてみて!
image

特集番組のご紹介 昭和の歌絵巻 美空ひばり百選

テレビ放送の黎明期より、ジャンルは違うが子役として活躍した美空ひばりと中村メイコ。特集では大親友の中村メイコが今回のために100曲を厳選、 通常の音楽放送に加え、案内役として誰も知らない「ココだけの話」も多数お届けします。ひばり節を聴きながら、ゆったりお楽しみください。

ココが聴きどころ!

美空ひばりと幼い頃より親友として、また自分の妹のように接し、大人になってからもプライベートに関して何でも話していたという中村メイコ。子役から学生時代、一緒にお酒を飲み楽しんだ頃、そして闘病、入院生活、最後のお別れまで。誰も知らない美空ひばりの素顔、その人柄や人生観について貴重な逸話の数々を時間の許す限りたくさん語っています。昭和の香り漂う懐かしい音楽とともにお楽しみいただける、特別な番組です。

案内役:中村メイコ

数多くの映画作品に出演、生放送がメインだったテレビ放送が開始された頃より天才子役として注目される。1957年に作曲家の神津善行と結婚、「神津ファミリー」として親しまれている。昭和を代表する数々のスターとの親交がある。

AND MORE!

オリジナル曲514曲を含め、およそ1500曲という膨大な曲をレコーディングし、数え切れないほどのヒット曲を生んできた美空ひばり。オリジナル曲、カヴァー曲にこだわらず、美空ひばりの楽曲だけをラインナップして放送しているチャンネルです。