HOME / 2013 第55回 グラミー賞特集

2013 the 55th GRAMMY Awards 第55回 グラミー賞特集

2月11日に発表されたばかりの受賞作品を放送!

第55回グラミー賞の授賞式が、日本時間の2013年2月11日に行われました。全81の賞が発表された、世界最高峰の音楽賞となるこの賞。なかでも最も注目の集まる主要4部門の受賞作品を中心に、2月15日からB-35「洋楽 2000’s Hits」にて放送します。まずは、このページで受賞作をチェック!

  • B-35洋楽 2000's Hits
  • 火・金 22:00~ 土・日 10:00~、16:00~
  • 2時間番組

最優秀レコード Record Of The Year

  • 「サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ~失恋サムバディ」
  • ゴティエ feat. キンブラ

“2012年度全世界で最も売れたシングル”が受賞!

“2012年度全世界で最も売れたシングル”に認定され、現在までに全世界で1,300万枚以上を売上げた本作。日本でも昨年夏のサマソニ出演を機に、全身にボディ・ペイントを施していくPVや「イケメンなのに歌詞が女々しい!」など、大いに話題となりました。オーストラリア出身のアーティストとして75年のオリヴィア・ニュートン・ジョン以来、38年ぶりにこの賞を受賞する快挙となった今回のグラミーで、彼は同賞のほか「最優秀オルタナティヴ・アルバム賞」など全3部門を受賞しています。授賞式では、共演したニュージーランド出身のキンブラと共に、プレゼンターのプリンスからトロフィーを受け取り喜びを露わにしたゴティエ。1月にライヴで来日したばかりですが、日本語も話せる親日家な彼ならきっとすぐに戻ってきてくれるはず。まずは、放送でこの曲をチェックして。

最優秀レコード

B-35「洋楽 2000's Hits」グラミー賞特集 へ

年間最優秀アルバム Album Of The Year

  • 『バベル』
  • マムフォード&サンズ

足で稼いだ人気と賞賛

07年、ロンドンで結成した4人組。独特のフォークロック・サウンドが特徴の彼らは、ひたすらライヴを行い良質なファンを獲得していくという実直な手法でじわじわと人気を集め、09年のデビュー作『サイ・ノー・モア』に収録された「ザ・ケイヴ」が、グラミー賞の「最優秀レコード賞」と「最優秀楽曲賞」にノミネート(受賞は逃す)。最終的に235万枚以上を売り上げた実力あるバンドです。近年、多くのアーティストがYouTubeやTwitterをきっかけにブレイクする中で、前作の勢いを維持しこの賞を受賞した骨太な彼らの作品は、フォークに馴染みのない方でも試してみる価値ありです。

最優秀レコード

B-35「洋楽 2000's Hits」グラミー賞特集 へ

年間最優秀楽曲  Song Of The Year

  • 「伝説のヤングマン ~ウィー・アー・ヤング~(feat.ジャネール・モネイ)」
  • ファン. feat.ジャネール・モネイ

クイーンのようなサウンド、中毒性の高いメロディが世界中を“ファン”に

主要4部門含むロック史上最多の6部門に名を連ね、「今年のグラミーは“ファン.ナイト”になる」と噂されるほど世界中の注目を浴びたファン.。結局のところ、2部門の受賞となった彼らですが、クイーンのような壮大でドラマティックなサウンド、キャッチーかつ中毒性の高いメロディでロックファンのみならずポップスファンをも魅了。本作は7週連続全米シングル・チャートで1位を獲得し、セールスも米国のみで600万ダウンロードを超えているほどのヒットとなりました。なお共演のジャネール・モネイは、09年のグラミー賞で最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス部門にノミネートされ、プリンスや故エイミー・ワインハウスのツアーにも同行した実力派アーティスト。彼女も要チェックを。

最優秀レコード

B-35「洋楽 2000's Hits」グラミー賞特集 へ

最優秀新人賞  Best New Artist

  • ファン.

ロック史上最多の6部門ノミネートのファン.が受賞

前述の通り、今年最も注目を集めたファン.が最優秀新人賞も獲得。「ウィー・アー・ヤング(僕らは若い)」と歌う彼らですが、壇上で「僕らは実は若くはないんだ。12年間音楽活動をしてる」と、それぞれが様々な形で活動してきたことを告げ、「ファンのみんなのおかげでやってきました」と感謝の気持ちを述べました。ヒップホップ界ではタブーとされるゲイであることを告白してなおブレイクしたラッパー、フランク・オーシャンなど強敵を押しのけて、その頂点に立ったファン.。2月末には来日公演も行われるので、ぜひその目で確かめて。

最優秀レコード

B-35「洋楽 2000's Hits」グラミー賞特集 へ

その他おすすめ番組