HOME / BGMのギモンWEB版|2017年10月号|クロスオーバーなチャンネル選び——後編

With Musicで連載中の「BGMのギモン」がウェブ版コラムになりました。
音環境コンサルタントの齋藤 寛さんがBGMに関するちょっとした疑問や豆知識をわかりやすく解説します。

2017年10月号
クロスオーバーなチャンネル選び——後編



今月は「クロスオーバーなチャンネル選び」というテーマでお届けしています。

ジャンルにこだわらずに、そのシーンで最適な音楽をセレクトするという手法は、実際のところ、一般の音楽好きの人々あいだでも主流になりつつあります。一昔前まではお気に入りのアーティストやジャンルのCDをアルバム単位で聴いていたわけですが、ストリーミング型/ダウンロード型音楽配信サービスの台頭によって、聴き手側が能動的にプレイリストを作るようになっています。ジャンルもアーティストも年代にも縛られず、聴き手の気分や、シチュエーション、シーンに合った音楽を選ぶことができるようになったのです。

店舗やオフィスといった空間のBGMも、ジャンルやカテゴリーにこだわらない柔軟なセレクトによって、思いどおりの音空間を作ることができるはずです。USENのチャンネルは、便宜上、BLACK MUSIC、JAZZ/FUSION、CLASSICといったジャンルにカテゴライズされていますが、前編に登場した「I-33 JAZZ HIP HOP」のように、複数のジャンルに跨った、まさにハイブリッドかつクロスオーバーなチャンネルもありますので、ジャンルに縛られ過ぎず、その空間や時間に合う音楽を探してみてください。下のサンプルのように、微妙にクロスオーバーしたチャンネルを使い分けてみるのはいかがでしょうか。


▼サンプル1

I-24 イージーリスニング CAFE

D-50 魅惑のイージーリスニング

H-26 スクリーン・ミュージック

I-08 ボサノヴァBGM

I-36 IDEE Records



▼サンプル2

C-07 Organic Soul

C-61 usen for Free Soul

D-03 usen for Cafe Apres-midi



▼サンプル3

I-34 LOUNGE MUSIC (Instrumental)

I-15 ディナータイム 洋楽

C-05 salon jazz

I-33 JAZZ HIP HOP

I-12 沖野修也 presents Music in The Room


▼サンプル4

I-30 Swingin’ Pops

C-03 SOFT ROCK

C-51 ひだまり J-POP


ざっとこんな感じです。ここに挙げたチャンネルは同じジャンルに属しているものもあればそうでないものもありますが、チャンネル選びのヒントは、http://music.usen.com/ にあります。

たとえば、「C-51 ひだまり J-POP」のチャンネル紹介ページを表示してみてください。するとページ下部に「その他おすすめ番組」というフレームがあって、そこに関連性の高いチャンネルが表示されます。ここには、ジャンル間をクロスオーバーしたチャンネルも提案されていますので、ぜひチェックしてみてください。

次回は11月1日(水)公開予定です。お楽しみに!



イラスト



|INFO|


  • イラスト
  • 齋藤 寛(さいとう・ひろし)

    音環境コンサルタント、音楽心理カウンセラー。商用BGMのコンサルティングや執筆活動で知られる。USENの「With Music(業務店用)」で「BGMのギモン」を連載中。著書に『心を動かす音の心理学〜行動を支配する音楽の力〜』(ヤマハミュージックメディア刊)がある。

    公式HP「BGMの心理学」
    http://www.otokan.com/