HOME / BGMのギモンWEB版|2017年6月号|番組制作のヒミツ〜CAFE/LOUNGE etc.——前編

With Musicで連載中の「BGMのギモン」がウェブ版コラムになりました。
音環境コンサルタントの齋藤 寛さんがBGMに関するちょっとした疑問や豆知識をわかりやすく解説します。

2017年6月号
番組制作のヒミツ〜CAFE/LOUNGE etc.——前編



間もなく皆さんのお手元に届く「With Music」の最新号で、人気のカフェミュージックを取り上げました。実際に制作を担当しているスタッフにも話を聞きながら、カフェミュージック・チャンネルの奥深さを垣間見ることができました。今回のWEB版は、本誌では語りきれなかった話やちょっとマニアックなカフェミュージックの変遷についてお話していきたいと思います。

カフェミュージックという表現は、そもそも音楽のジャンルやカテゴリーを指す言葉ではありません。明確な音楽ジャンルというわけではなく、カフェやラウンジで流すのに相応しい音楽というニュアンスで、実際には幅広いジャンルの音楽からセレクトされています。今でこそ、どこのカフェに行ってもおしゃれな音楽を聴くことができますが、実際にはどのような変遷を辿ってきたのでしょうか。

時代は1990年代に遡ります。90年代の日本の音楽シーンといえば、J-POPというキーワードが生み出され、最も盛り上がった時期といってもよいでしょう。米米CLUB、サザンオールスターズ、小田和正、KAN、B'zなど数々の名曲が生まれたました。90年代後半になると小室ファミリーが活躍し、ミリオンセラーを連発しました。そんな、J-POP全盛期も90年代後半に差し掛かると、海外の音楽を積極的に紹介するDJや選曲家が活躍します。レコード文化とDJ人気で世界中の音楽、マイナーミュージックなども評価されていきました。彼らは若者の生活スタイルやファッションにも影響を与え、音楽を軸としたカルチャーを構築していったのです。

渋谷系と呼ばれる音楽も、海外を音楽を聴いて影響を受けたアーティストが独自のアプローチをして生まれたスタイルといえます。このような流れで若者たちが世界中の音楽に触れたことで、趣味嗜好の幅が広がっていったのは間違いないでしょう。

こうした時代背景のもとで、いよいよ日本にも新たなカフェカルチャーが芽生え、同時にカフェミュージックと呼ばれる音楽が登場します。

BGMのギモンWEB版、次回は6月16日(金)公開予定です。お楽しみに!



イラスト



|INFO|


  • イラスト
  • 齋藤 寛(さいとう・ひろし)

    音環境コンサルタント、音楽心理カウンセラー。商用BGMのコンサルティングや執筆活動で知られる。USENの「With Music(業務店用)」で「BGMのギモン」を連載中。著書に『心を動かす音の心理学〜行動を支配する音楽の力〜』(ヤマハミュージックメディア刊)がある。

    公式HP「BGMの心理学」
    http://www.otokan.com/