HOME / BGMのギモンWEB版|2017年5月号|2017年春、注目の新チャンネルはこれ!——前編

With Musicで連載中の「BGMのギモン」がウェブ版コラムになりました。
音環境コンサルタントの齋藤 寛さんがBGMに関するちょっとした疑問や豆知識をわかりやすく解説します。

2017年5月号
2017年春、注目の新チャンネルはこれ!——前編



お出かけするには最高の季節になってきました。ポカポカ陽気には雰囲気が楽しくなるBGMを流したくなりますね。人の気分は音楽の雰囲気に左右されることが多いので、何気なくかけている音楽でも実は結構な影響を受けているものです。この季節は特に雰囲気が明るくなる音楽と過ごしたくなります。環境が変わったり、新しいことに挑戦するにもいい時期ですよね。そんなときには、新しい音楽に出会うことで新しいことに取り組む意欲も湧いてくるというものです。

さて、USENの音楽放送サービスは、定期的にチャンネルの改編を行っていますが、ちょうど2017年春の改編のなかから、おすすめのチャンネルを紹介しようと思います。

まずは「 C-52 POP PARIS 」。1960年〜80年代に流行したフレンチ・ポップスの専門チャンネルです。ジェーン・バーキンやフランス・ギャル、シルヴィ・ヴァルタン、フランソワーズ・アルディといったアーティストが登場します。懐かしい人にはとっても懐かしい。今の若い人にはもしかすると新しいサウンドなのかもしれません。時代は繰り返すものですから、いい音楽はまた巡ってくるんですね。フレンチ・ポップスは、文字どおり60年代に流行ったいわゆるフランスのポップスですが、日本でも2000年代になってからもCMで使われたり、映画で使われたりとなにかとフレンチ・ポップスブームがイバイバルしていました。このチャンネルは、聴いてもらうと分かりますが、雰囲気がとにかく明るいし、楽しい。そしてフランス語の語感がなんともアンニュイな雰囲気で、それなりにオシャレに聴こえます(笑)。フレンチ・ポップスはフランスのアイドルが歌っている歌謡曲なわけですが、雰囲気が明るくて楽しくて、サウンドから醸し出される可愛らしさが気分をほっこりさせてくれます。聴いていておもわずニコッとしてしまう、そんな音楽の連続です。

BGMのギモンWEB版、次回は5月16日(火)公開予定です。お楽しみに!



イラスト



|INFO|


  • イラスト
  • 齋藤 寛(さいとう・ひろし)

    音環境コンサルタント、音楽心理カウンセラー。商用BGMのコンサルティングや執筆活動で知られる。USENの「With Music(業務店用)」で「BGMのギモン」を連載中。著書に『心を動かす音の心理学〜行動を支配する音楽の力〜』(ヤマハミュージックメディア刊)がある。

    公式HP「BGMの心理学」
    http://www.otokan.com/