HOME / BGMのギモンWEB版|2016年6月号 | キャッチーな音楽のメリットとデメリット——後編

With Musicで連載中の「BGMのギモン」がウェブ版コラムになりました。
音環境コンサルタントの齋藤 寛さんがBGMに関するちょっとした疑問や豆知識をわかりやすく解説します。

2016年6月号
キャッチーな音楽のメリットとデメリット——後編



前回に引き続き、キャッチーな音楽についての考察です。
キャッチーな音楽は、その場にいる人に、何らかのメッセージを伝える効果を発揮することがあります。BGMをうまく切り替えることで、お客さんや従業員にメッセージを伝えるすることができるのです。有名な例ですが、百貨店では雨が降りだすと、「雨に歌えば」や「雨にぬれても」を流すことがあります。音楽的にもなかなか雰囲気があっていいですし、この曲が流れだすと、傘用のビニールカバーがセットされたり、店員さんが紙袋にビニールをかけてくれたりしますよね。雨が上がると、「Over the Raibow(虹の彼方に)」が流れるというのもまたシャレが効いてていいですね。
なかなか便利な仕組みですが、気をつけなくてはならないのが「お客さんも聴いている」ということです。当たり前ですが、ついつい「BGMだから遊んでも大丈夫だろう」という意識です。あるお店では、ロッキーのテーマを流すとクリンリネスの時間とか、ピンクパンサーが流れると万引きの可能性ありとか、やりたい放題のことをしていました。いちいちお客さんはそれに意見はしませんが、しっかりとその違和感は感じ取っているものです。
閉店間際の「蛍の光」も定番のBGMですが、最近では「帰れというメッセージに聞こえてしまう」という考え方もあって、三拍子にアレンジした「別れのワルツ」や「家路」など少しひねった選曲もあるようです。もっとも、これらも今では当たり前のように「閉店」の音楽として認識されているので、もっとお店独自の音楽をセレクトしてもいいかもしれません。「閉店になったらBGMを消す!」という強気のお店もありますが、微妙な雰囲気になってしまうのでほどほどにしましょう。例えば同じ「別れのワルツ」でもショパンの「別れのワルツ」なんていかがでしょう?

BGMのギモンWEB版、次回は7月1日公開予定です。お楽しみに!



イラスト



|INFO|


  • イラスト
  • 齋藤 寛(さいとう・ひろし)

    音環境コンサルタント、音楽心理カウンセラー。商用BGMのコンサルティングや執筆活動で知られる。USENの「With Music(業務店用)」で「BGMのギモン」を連載中。著書に『心を動かす音の心理学〜行動を支配する音楽の力〜』(ヤマハミュージックメディア刊)がある。

    公式HP「BGMの心理学」
    http://www.otokan.com/