HOME / BGMのギモンWEB版|2016年2月号 | 三拍子のリズムがもたらす雰囲気——前編

With Musicで連載中の「BGMのギモン」がウェブ版コラムになりました。
音環境コンサルタントの齋藤 寛さんがBGMに関するちょっとした疑問や豆知識をわかりやすく解説します。

2016年2月号
三拍子のリズムがもたらす雰囲気——前編



BGMを選ぶうえで、大切な要素って何でしょう?もちろんその音楽を聴いたときの「感じ」は大事です。でも、音楽を選ぶプロならもう少しロジカルに考えたいところ。調性は長調なのか、短調なのか、それ以外なのか。音域は高い方の音が多いのか、低いのか。また、テンポは人間の時間感覚をコントロールする重要な要素のひとつです。音楽を選ぶときには感覚とロジカルな分析の両方をバランスよく織り交ぜていくとよいでしょう。
そこで、今日のテーマは音楽の中でも重要な要素のひとつ「リズム」について考えてみることにします。わかりやすく「拍子」と言い換えてもよいでしょう。日本人は、昔からずっと四拍子系の音楽に馴染みがあり、現代になってもその傾向は変わっていません。J-POPで上位に上がってくる曲の多くは四拍子系ですね。別に四拍子が悪いというわけではありませんが、三拍子や五拍子の音楽も積極的に味わっていくと楽しみ方が広がります。
今日は三拍子についてちょっと考えてみましょう。四拍子は偶数なので、普通に歩きながら「一、二、三、四」と数えると右、左、右、左となって収まりがいいですね。では三拍子だとどうなるでしょう。歩くよりも、スキップをしてみるほうがハマってきませんか。また、普通に歩いたとしても、拍の出だしが右、左と変化するので躍動感が出るでしょう。三拍子は踊りのリズムであり、自然と体が動き出す拍子です。かのショパンは三拍子の舞曲が好きで、ワルツ、マズルカ、ポロネーズというジャンルで数多くの名曲を生み出しています。ロックバンドが三拍子の曲を作ると、浮遊感のあるちょっと不思議な雰囲気が出たりして印象に残ります。例えば、LUNA SEAの「Providence」なんかもワルツ調の不思議な感じですね。
と、ここまでは前置きです。後編では三拍子の曲がどんな効能を持っているか解説します。

BGMのギモンWEB版、次回は2月1日公開予定です。お楽しみに!



イラスト



|INFO|


  • イラスト
  • 齋藤 寛(さいとう・ひろし)

    音環境コンサルタント、音楽心理カウンセラー。商用BGMのコンサルティングや執筆活動で知られる。USENの「With Music(業務店用)」で「BGMのギモン」を連載中。著書に『心を動かす音の心理学〜行動を支配する音楽の力〜』(ヤマハミュージックメディア刊)がある。

    公式HP「BGMの心理学」
    http://www.otokan.com/