HOME / クラシックのイメージが変わる!? 音楽家の驚きエピソード

クラシックのイメージが変わる!? 音楽家の驚きエピソード

秋川雅史ほか著名アーティストの個性的なエピソードをご紹介

音楽家の驚きエピソード 20!!

“クラシックって難しくて……”と感じている人は多いのでは? 3月の「 A-57 USEN MONTHLY SPECIAL 」ではクラシック音楽家のトーク番組を放送。それに合わせて、秋川雅史など豪華アーティストの個性的なエピソードを紹介します。親近感の沸くエピソードであなたの苦手意識を解消できるかも!
驚きエピソード 20!!
音楽家って実はこんな人!

秋川雅史

  • 秋川雅史
  • 秋川雅史
    (あきかわ・まさふみ)
    「千の風になって」でおなじみのテノール歌手と言えば、この人! 06年から2年連続で紅白歌合戦に出場。同曲「千の風になって」は紅白出演後の07年、オリコン上半期シングルチャートで1位を獲得。トータルセールスは100万枚を超え、クラシック系のオリコンチャートでは初の快挙、現在も記録は塗り替えられていない。日本人離れした彫りの深い顔立ちから感じる神妙なイメージとは裏腹に、ユーモアたっぷりの軽妙なトークと、クラシックだけでなく幅広いジャンルを歌うコンサートは非常に人気が高い。

驚きエピソード

♪ 大学のピアノレッスンへ行く時に、上下のスウエットにカーディガン、女性モノのつっかけを履いて行った

僕の田舎では、ヤンキーの日常が描かれた作品「ビー・バップ・ハイスクール」の世界観が流行っていて、それがカッコいいと思っていたんです。でも東京では既にそのブームは去っていて……。その頃は、音大生の男ってモテたんですけど、僕は全然モテませんでしたね(笑)。

♪ 世界的に有名なテノール歌手プラシド・ドミンゴのコンサート終演後出待ちをして、ドミンゴに「フューチャーライバル!!」って言ったんですよ

デビュー前、僕は自分でコンサートを企画したりレコード会社に自分のプロフィールや音を録音したものを送って売り込んでいましたね。世の中の人に自分を知ってもらうにはまずCDを出す必要があると思っていましたし、自分をアピールしたいっていう欲がすごく強かった。とにかくその時の僕は無鉄砲な若造でしたよ。

♪ 紅白歌合戦へ出場が決まった時、皆から「えっ? 秋川出るの!?」って言われました

紅白に出場した06年は、まだテノール歌手としては知名度が高いわけではなかったんです。NHKの方が、僕が5月に発売した「千の風になって」を世に広めたいということを言ってくださって起用されたんです。翌年の1月にヒットチャートでオリコン1位になった時は、その状況がちょっと怖かったですね。

驚きエピソード

『BEST ALBUM』が発売中。5/16には、銀座山野楽器にて、記念プレミアムライヴも開催予定。また昨年9月から開催中の「秋川雅史コンサートツアー~夢の架け橋~」が好評。最終公演は、6/12東京国際フォーラム ホールC。

A-57 放送内容へ

小原 孝

  • 小原 孝
  • 小原 孝
    (おばら・たかし)
    40枚以上のソロアルバムをリリース。作詞、作曲、編曲もこなすピアニスト。彼が奏でる美しい音色は、TOYOTA“Vitz” やキャべジン・コーワなどのテレビCMなどでも広く知られている。デビュー当時、クラシックコンサートでは演奏のみでトークを行わないのが慣例だったが、“音楽に込めた気持ちを伝えたい”という想いから、いち早くトークを取り入れたコンサートを行って人気を博す。パーソナリティーを務めるNHK-FM「弾き語りフォーユー」では、様々なジャンルの曲を彼がアレンジして演奏。15年間続く人気番組である。

驚きエピソード

♪ デビューアルバムは、猫好きから支持を受けてヒットしました

由紀さおり・安田祥子さんの童謡コンサートでピアノ伴奏をやっていたんです。ある時、「ねこふんじゃった」を弾いていたら、観に来ていたレコード会社のプロデューサーさんに「猫のCDを出してみない?」と声をかけられて。どうやらその方は猫が好きだったみたいですね(笑)。それで「ねこはとってもピアニスト」というCDを発売。音楽ファンではなく猫ファンの人にウケていたみたいです。

♪ 当時の国立音大付属は、学年に男子が2人

僕は、国立音楽大学の付属の中学校、高校に通っていたんですが、同級生はお嬢様ばかりでしたね。3学年合わせても男子は5人くらいしかいなかった。もう女子高みたいなもんですよ。あと、女の子の裏表を見てちょっとビックリしたりしてましたね(笑)。

驚きエピソード

4/2に「ひこうき雲」、「糸」、「アンパンマンのマーチ」や「ショパンのノクターン」などを収録したCD『弾き語りフォーユープレゼンツ~ランチでピアノ2』を発売。4/6は長野、4/20は京都でリサイタルを開催。他に「ジャズピアノ6連弾」ツアーにも出演。

A-57 放送内容へ

舘野 泉

  • 舘野 泉
  • 舘野 泉
    (たての・いずみ)
    フィンランド在住で今年77歳の現役ピアニスト。02年脳溢血で右半身不随となるが、「左手のピアニスト」として見事復帰。今まで発売したCDは130枚以上、公演回数は3000回以上に上り、大河ドラマ「平清盛」のテーマ曲を担当したことでも有名。「なにか特別なことをしているという意識はあまりない。やっているのは“音楽”なのである」と話す通り、彼の音楽に対する探究心は衰えることはなく、年々活動の場を広げている。毎年各国で開催している「左手の音楽祭」の昨年11月公演には、美智子皇后が来場され話題に。今年で77歳を迎えるが、彼の可能性は計り知れない。

驚きエピソード

♪ キャリアなんて必要ない

音楽留学といえばフランスやドイツなんですけど、僕はキャリアを積む興味もなかったし、伝統とかいろいろうるさく言われるのも嫌だったので、フィンランドに留学しました。勉強は大学で終わり。行った先で武者修行すればいいと思ってました。

♪ アンコールの時にあまりにお客さんの拍手が鳴りやまないから、「ここから先を聴きたい人はうちに来て聴いてください」って言ったんです。そしたら皆さん本当にうちに来て朝まで聴いていきました

フィンランドから帰ってきて東京でリサイタルを開いたんですけど、アンコールで何曲も弾いていたら、終演時間を大幅に過ぎてしまって、だったら家でやりましょうと。

♪ ピアニストになろうと決意したことは一度もない

学生の時、先生にピアニストになりなさいと言われたことはないですね。でもどういうわけだか先生に言われて学校でリサイタルをやったり、教育実習の時に「今日は演奏を見せてください」って言われたり。そういうことがあって、気が付いたらピアニストになってましたね。

驚きエピソード

3/16、奥洲市文化会舘Zホールでの「舘野ファミリー&フレンズ スペシャルコンサート2014」を皮切りに日本各地で公演を開催予定。また5月より「舘野泉 左手の音楽祭の落穂拾い」もスタート。

A-57 放送内容へ

吉松 隆

  • 吉松 隆
  • 吉松 隆
    (よしまつ・たかし)
    ほとんどの音楽家が音楽大学卒業という経歴を持つ中で、慶應大学工学部中退という異色の経歴を持つ作曲家。幼少の頃はクラシックに触れる機会はなかったが、高校時代、シベリウスの交響曲と出会ったことで彼の人生は大きく変わる。ほぼ独学で作曲を勉強。98年にイギリスのレコードレーベルと専属契約を結び数々の作品を世に送り出す。映画『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』で第33回日本アカデミー賞音楽賞を受賞。その他に、大河ドラマ「平清盛」の楽曲も担当するなど、幅広い分野で支持を得ている人気作曲家だ。

驚きエピソード

♪ 医者を目指して作曲家

最初は医者になると言って医学部に行く勉強をしていたんですけど、高校の時にシベリウスの交響曲を聴いて作曲家を目指すようになりました。

♪ 音楽家とは、音楽の話を一切しない

音楽の話をしないのは、ある種音楽でコミュニケーションを取っちゃうってことかもしれないですね。以前、指揮者と徹夜で話をした時は、『男はつらいよ』の話とか、矢沢永吉のコンサートがどうとか。クラシックの話は一切しなかったですね。

驚きエピソード

現在、NHK-FM「ブラボー!オーケストラ」(日曜日/19時20分~20時20分)にレギュラー出演中。最新作は、昨年7月発表の『吉松 隆:≪鳥の響展≫ライブ』。その他著書として、昨年発表した自伝『作曲は鳥のごとく』(春秋社)などがある。

A-57 放送内容へ

北村源三

  • 北村源三
  • 北村源三
    (きたむら・げんぞう)
    日本を代表するトランペット奏者で、過去には日本トランペット協会会長を務めた。25年間に渡ってNHK交響楽団で首席奏者としてステージに立ち続け、クラシックシーンの一時代を築いた人物。カリスマ的存在で、トランペットを学ぶ者であれば知らない人はいないほど。国立音楽大学で37年間、東京芸術大学で28年間指導者として数多くの演奏家を育て、あまりにも厳しい指導に生徒からは“鬼の源三”と呼ばれていたんだそう。「僕はね、死ぬまでトランペット職人。呼ばれればどこへでも行きます」と話す通り、70代になった今でもトランペット片手に全国各地を飛び回っている。

驚きエピソード

♪ 特に試験はなくて、「君、NHK交響楽団に来たいだろう?」と言われて団員になりました

大学3年生の時に、日本音楽コンクール管楽器部門第一位に入賞したんです。それで、卒業する時に、金石幸夫先生にNHK交響楽団に誘われて「入りたいです」と伝えたら、事務局の偉い人から「まだ卒業の見込みなんだけど、君に3月1日付で団員になってもらうからね」って言われたんです。

驚きエピソード

4/25、東京カテドラル関口教会 聖マリア大聖堂でオルガ二ストの近藤 岳とコンサートを開催。

A-57 放送内容へ

須川展也

  • 須川展也
  • 須川展也
    (すがわ・のぶや)
    これまで30枚以上のCDを発表してきた多作なサクソフォニスト。98年JT音楽家シリーズのテレビCMに出演し人気を博した。彼の活躍により、当時、まだ認知度が低かったクラシック・サクソフォンの分野に注目が集まるようになった。02年NHK連続テレビ小説「さくら」のテーマ音楽ほか、「天地人」のサントラでも演奏。NHK交響楽団をはじめ、日本のほとんどのオーケストラと共演を果たしており、年間コンサート数は100公演を超える。今年でデビュー30周年を迎えた、今最も共演したい音楽家の1人である。

驚きエピソード

♪ 音楽にどう向かっていくか、を教えることが大事

音楽のレッスンは、こう吹きなさいとかああしなさということではなくて、どうやって練習するか、どうやって音楽に向かっていくかということを教えることが大事。

驚きエピソード

現在、デビュー30周年記念コンサートが好評開催中。全国8ヵ所のホールを回り、4/29、東京文化会舘ホールをもって終演予定。

A-57 放送内容へ

TSUKEMEN

  • TSUKEMEN
  • TSUKEMEN
    (つけめん)
    2010年にメジャーデビュー。写真左からヴァイオリンのTAIRIKU、ピアノのSUGURU、ヴァイオリンKENTAからなるアンサンブル・ユニット。音楽大学出身で楽器も弾けて、なおかつイケメンというモテ要素が詰まった3人だけに、女性ファンが多く常にコンサートチケットは即完売。演奏中の彼らの表情、動きには大胆さとしなやかさがあり、思わず見とれてしまう。発売された計4枚のアルバムはすべてオリコンクラシック部門で1位を獲得。3/29公開、井上真央主演の映画『白ゆき姫殺人事件』で揃って俳優デビューも果たすなど、今後も多方面で活躍する彼らから目が離せない!

驚きエピソード

♪ 朝5時から学校でレッスン(SUGURU)

レッスン室がすごく少なくて、朝6時には埋まってるんですよ。もう取り合いでしたね(笑)。使えない人は廊下で練習してたんですけど、トランペットを吹いている横でヴァイオリン弾くみたいな。自分の楽器の音は聴こえないですよね。

♪ 学年全体の運動会をテニスコート1つ分のスペースで行った(KENTA)

グラウンドが狭くて、高校の時50メートル走はテニスコートを斜めに走りました(笑)。走り終わってフェンスにぶつかると危ないから、先生がクッションみたいなのものを持ってスタンバイしてました。

♪ 高校から大学までが1つの棟に収まっていて、蟻塚みたいになってる(TAIRIKU)

生徒は1000人以上いたんですけどね(笑)。常にぎゅうぎゅうでしたよ。

驚きエピソード

8月まで全17ヵ所を回る全国ツアーを開催中、4月からは東京オペラシティ コンサートホールなど全5ホールでスペシャルライヴを敢行。3/24にはドイツの名門シュトゥットガルト室内管弦楽団との特別公演をドイツにて行う。また映画『白ゆき姫殺人事件』でのユニット“芹沢ブラザーズ”名義でのアルバム『All alone in the world』を3/12に発売。

A-57 放送内容へ

1966カルテット

  • 1966カルテット
  • 1966カルテット
    (いちきゅーろくろくかるてっと)
    ビートルズ初代担当ディレクターが手がけ、2010年にデビューした女性カルテット4人組。ビートルズのほか、クイーン、マイケル・ジャクソンなど洋楽カヴァーを行う。写真左から江頭美保(ピアノ)、花井悠希(ヴァイオリン)、松浦梨沙(ヴァイオリン)、林はるか(チェロ)。昨年、元A BATHING APE®のNIGO®がアートワーク、ファッション、PVなどを担当した『ヘルプ! ~ビートルズ・クラシックス』が発売され大きな話題となった。2月には、ビートルズの聖地、キャバーン・クラブLIVEでレコーディングを敢行。そして、アビイ・ロード・スタジオでのニューアルバム録音も決定している。容姿端麗でスタイリッシュなファッションに身を包む彼女たちはクラシックシーンに新しい旋風を巻き起こしている。

驚きエピソード

♪ 往復6時間通学(江頭美保)

毎日、片道3時間かけて通ってました。その時間で課題とかやってましたね。

♪ 音楽大学以外の選択肢はなかった(花井悠希)

皆より早い段階、小学校4年生の時から漠然と“音楽大学に行く”って思ってましたね。

♪ “都をどりを観に行く”が授業(松浦梨沙)

京都らしい授業でした。「来週の授業、都をどりだから見に行きましょう。知り合いに頼んで席は取っておきますから、みなさん予定空けといてくださいね~」みたいな。先生も先生っぽくなかったですね(笑)。

♪ 学園祭は神輿だらけ(林はるか)

学園祭の時は、音楽学部と美術学部で神輿を作るというプロジェクトがあって、構内が神輿だらけになるんです(笑)。夏の暑い時期に神輿を作り、お揃いのハッピも作って、近くの上野公園を練り歩いたり、綱引きしたりしてましたね。

♪ 学校の正門から校舎までの移動は、バス(江頭美保)

大学が山奥にあって、駅に着いたら山を登るんです。敷地がすごく広くて、どこまでが大学の土地なのか分かりませんでした。

驚きエピソード

10月発表のアルバム『ロード・トゥー・ソチ! ~ベンのテーマ』が好評。3/4、4/10、5/15、東京・南青山マンダラにてライヴイベント「ビートルズクラシックス」を開催。8/31には大阪・新歌舞伎座で「ビートルズクラシックス&魅惑のラヴ・サウンズ」を行う。

A-57 放送内容へ

放送チャンネル

A-57 USEN MONTHLY SPECIAL

Classic People ~クラシック音楽トークセッション~
放送期間:2014年3月1日~3月31日

この特設ページで紹介した4組全8アーティストの対談や音楽をお届けします。ここで紹介したエピソードの詳細など、普段聞けないクラシック業界の裏話が満載! ちょっと苦手意識があった人にも、きっと身近に感じてもらえるプログラムです。放送の詳細は CHページ をチェック!

A-57 放送内容へ