HOME / 「2017 年間 USEN HIT ランキング」総評と贈呈式
2017 年間 USEN HIT ランキング、総評と贈呈式
山内惠介

2017年12月6日(水)、株式会社 USEN(代表取締役社長 田村公正)は「2017 年間 USEN HIT ランキング」を発表しました。 J-POPと洋楽、演歌/歌謡曲のジャンルで1位を獲得した楽曲に対し、それぞれのレコード会社の代表者に楯が贈られました。演歌/歌謡曲で見事1位に輝いた山内惠介がゲストとして会場に登場、記念品が贈呈されました。
本ランキングは、業務用の音楽放送などでおなじみのUSEN音楽放送(USEN440、SOUND PLANET、SOUND PLANET-i、music AirBee!)におけるオンエア実績や、リスナーからのリクエストを基に独自に集計した年間ランキングで、J-POP、洋楽、演歌/歌謡曲、インディーズ、K-POP、アニメ、J-POP/洋楽、CLASSIC ROCKという8つのジャンルで構成されています。


タイトル板

J-POP 1位

星野 源

  • アー写
  • J写
    星野 源
    「恋」
    株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

[J-POP 総評]

 

2017年間 USEN HIT J-POPランキングは、星野 源の「恋」が1位に輝きました。昨年自身が出演したテレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌で、エンディングで流れた“恋ダンス”とともに大旋風を巻き起こしたこの曲は、今年に入ってからも世代を超えて親しまれ、延べ1年にわたってランキングを賑わしました。
今年8月にリリースされた「Family Song」も14位を獲得するなど、音楽家・俳優・文筆家でもある多才な彼の生み出す楽曲が、多くの人の共感を呼び、活力をもたらした2017年のJ-POPシーンと言えます。

株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
常務取締役 植田 勝教様

 

  • この度は大変素晴らしい賞をいただきまして、嬉しく思っております。この「恋」は昨年10月発売の楽曲であり、とても息の長い大きなヒットになりました。“恋ダンス”は社会現象にもなり、日本を飛び出すほどの勢いで多くの方々に踊っていただけるようになりました。これも全国津々浦々、日本中の街でUSENを通じて楽曲が広がったお陰だと思っております。音楽業界はイベントを行うなど色々な取り組みを活発的に行い、変化を続けていますが私たちレコード会社の大切な役割は、やはりヒットアーティストを生み出していくことです。これからもUSENさんと手を携え、大勢のみなさまに喜んでもらえるようなヒット曲、ヒットアーティストを一緒になって、世に送り出していきたいと思います。本日は年間ランキング1位という賞をいただき、ありがとうございました。
  • 植田 勝教様

■各ランキングの順位 / 年間ランキング番組

詳しくは「2017 年間 USEN HIT ランキング」をご覧ください。
※2017 年間 USEN HIT ランキング番組は、12月30日~2018年1月5日に放送します。




タイトル板

洋楽 1位

エド・シーラン

  • アー写
  • J写
    エド・シーラン
    『÷(ディバイド)』
    ワーナーミュージック・ジャパン

[洋楽 総評]

 

2017 年間 USEN HIT 洋楽ランキングで見事1位を獲得したのは、イギリスのシンガー・ソングライター、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」でした。
全米ビルボード・チャートで通算12週1位という驚異的な記録を打ち立て、USEN HITランキング 洋楽においても1月の初登場から約10ヵ月もの間、TOP10内にランクイン。その間には、夏ドラマ「僕たちがやりました」の挿入歌として「かっこよすぎる!」と話題にもなった曲が見事1位となりました。怪我のために延期となった待望の来日公演も4月に決定し、ますます注目が集まることでしょう。

[エド・シーランさんからのコメント]

 

  • 「“シェイプ・オブ・ユー”をUSENでたくさん流してくれて本当にありがとう。2017年 USEN年間ランキング 洋楽、1位の受賞に驚いています。応援本当にありがとうございます!」
  • アーティスト写真

株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
執行役員 ワーナー・インターナショナル 住井 敬太郎様

 

  • エド・シーラン本人は、とても日本のことが大好きで、「日本でもっと売れたい」と常々言っていました。この「シェイプ・オブ・ユー」は、1年間プロモーションを続けてきましたので、その努力が報われたようでアーティスト、我々スタッフ、関係者一同で今回の1位受賞をとても喜んでおります。来年4月には来日公演を控えております。アルバム『÷(ディバイド)』に収録されている「パーフェクト・デュエット(ウィズ・ビヨンセ)」もお陰様でヒットの兆しがあります。この2曲のプロモーションを続け、4月のライヴを迎えたいと思っております。本日は光栄な賞をいただき、ありがとうございました。
  • 住井 敬太郎様

■各ランキングの順位 / 年間ランキング番組

詳しくは「2017 年間 USEN HIT ランキング」をご覧ください。
※2017 年間 USEN HIT ランキング番組は、12月30日~2018年1月5日に放送します。




タイトル板

演歌/歌謡曲 1位

山内惠介

  • アー写
  • J写
    山内惠介
    「愛が信じられないなら」
    株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

[演歌/歌謡曲 総評]

 

2017年間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキングは、USEN放送でのレギュラー番組『C-42 元気はつらつ歌謡曲 山内惠介「USENヒット・惠介座」』も好評放送中の山内惠介「愛が信じられないなら」が堂々の1位を獲得しました。
3月にリリースされたこの曲は、「大人の愛」をテーマに軽やかなリズムでカラオケファンにも覚えやすい楽曲となっています。発売直後の4月に5週連続1位、そして9月には同曲“青盤”“赤盤”がリリースされ、その後も5週連続1位を獲得。今年で3年連続NHK紅白歌合戦に出場するなど、ますます人気を高めている山内惠介さんが演歌/歌謡曲ファンを魅了しました。

[山内惠介さんからのコメント]

 

  • 山内惠介です。2017年間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング 1位、嬉しいです。受賞曲「愛が信じられないなら」は、演歌/歌謡曲のアーティストとして初めてR&Bのパイオニアである松尾 潔先生に詞を書いていただきました。そもそも演歌という歌は、親から子へと伝わってゆくんですけれども、USENでやらせていただいている『C-42 元気はつらつ歌謡曲 山内惠介「USENヒット・惠介座」』という僕の番組にも、R&Bファン、J-POPファンの息子さん、娘さん世代の方々が、親御さんに紹介してくれたんだっていうエピソードをたくさんいただきました。僕自身も、“ああ!歌っていうのはこういうふうに広がってゆくんだな”と思いました。その結果として、このような賞をいただきまして大変励みになりました。これからも頑張りますので応援のほどよろしくお願いいたします。
  • アーティスト写真

株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
制作3部長 永田 親市郎様

 

  • USENで年間1位という大変光栄な賞をいただき、ありがとうございます。演歌/歌謡曲の部門は今年から発表ということをお聞きし、さらに嬉しく思っております。山内惠介はお陰様で紅白歌合戦に3年連続で出場することができました。USENで担当させていただいているトーク番組をはじめ、「愛が信じられないなら」を日本全国へ流していただき、またファンのみなさんからのご支援があり、現在の立場があるんだと認識しております。引き続き頑張って参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。
  • アーティスト写真

■各ランキングの順位 / 年間ランキング番組

詳しくは「2017 年間 USEN HIT ランキング」をご覧ください。
※2017 年間 USEN HIT ランキング番組は、12月30日~2018年1月5日に放送します。




タイトル板

総括

  • 登壇者左から
    USEN代表取締役社長 田村 公正
    【演歌/歌謡曲部門1位受賞】
    山内惠介さん
    USEN取締役副社長 大田 安彦


―2017年のヒットチャートを振り返る―

J-POPでは1位に輝いた星野 源と同じく、音楽家だけでない驚異の才能を見せている米津玄師の大躍進を筆頭に、ソロシンガーの活躍をはじめ、ユニット、バンド、アイドルグループなど、さまざまな人気アーティストが名を連ね、多彩なサウンドやスタイルからのヒット曲でJ-POP界に一層の広がりを見せた1年でした。
一方、洋楽では1位を獲得したエド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」がTVドラマの挿入歌で話題に、また今年ブレイクしたお笑い芸人、ブルゾンちえみの人気が上昇するとともに楽曲の人気も加速したオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」など、日本で話題になった楽曲から世界的大ヒットまで、2017年の日本の洋楽シーンを反映した年間 USEN HIT 洋楽ランキングとなっています。
演歌/歌謡曲で特筆すべきは、男性演歌歌手の躍進です。1位の山内惠介「愛が信じられないなら」以下、三山ひろし、氷川きよし、純烈、山崎ていじ、TOP5が男性歌手の楽曲となり、演歌歌謡曲が好きな女性ファンの拡大を担った結果となった今年のUSEN HIT 演歌/歌謡曲ランキングでした。



2017 年間 USEN HIT ランキング TOPへ