HOME / J-POP 年間1位は秦 基博「Girl」!~速報 2013 年間 USEN HIT ランキング 表彰式~

J-POP年間1位は秦 基博「Girl」

洋楽はリトル・ミックス「ウィングス」に決定!

ランキングはこちら

恒例の大人気企画、USENの年間ランキング。その発表に合わせ、J-POPと洋楽の1位に輝いたアーティストを讃える表彰式を、2013年12月11日、USEN MUSIC GARDENで行いました。今年で4回目となるこの式。会場には、J-POP1位のシンガーソングライター秦 基博が駆けつけてくれました! 洋楽1位となった注目の4人組ガールズグループ、リトル・ミックスも表彰。ここでは、その表彰式の模様をお伝えいたします。またUSENユーザーに贈る、2組による喜びのコメントもお届けします!


表彰式レポート

2013年12月11日開催の「2013 年間 USEN HIT ランキング」表彰式。J-POP1位の秦 基博が駆けつけ、洋楽1位のリトル・ミックスがビデオメッセージで登場した式の模様、そしてランキングから見た2013年総括などをお届けします。

良質な作品は必ず届く――。秦 基博がJ-POP1位に!

  • USENグループ会長 宇野からトロフィーを受け取る秦 基博

    トロフィーが、USENグループ会長 宇野から秦 基博の手に

    • 『Signed POP』
    • 1位に輝いた「Girl」収録のアルバム『Signed POP』

  • 毎年恒例の大人気企画「2013 年間 USEN HIT ランキング」。そのJ-POP・洋楽作品の1位を讃える表彰式を、本日12月11日に行いました。4度目の表彰式となる今回、J-POP1位を獲得したのは、シンガーソング・ライターの秦 基博。今年1月30日に発売された4thアルバム『Signed POP』の収録曲「Girl」での表彰となりました。ヨコハマタイヤ「BluEarth」のCMソングとしてお茶の間にもお馴染みの本作。USENのJ-POPランキングでは、2月20日付の初登場からランクインを続け、7月発表の上半期ランキングでも3位に。12月11日付のランキングまでトップ50に42週ランクインし、1位獲得となりました。さらに男性ソロシンガーとしての1位獲得、シングル作品以外での1位獲得という同ランキング史上初の快挙を2つ成し遂げました。

    司会の赤坂泰彦からの紹介を受け、いよいよ秦 基博が所属レコード会社の株式会社アリオラジャパン 代表取締役 藤原氏と共に登壇。USEN会長・宇野からトロフィーを受け取ると「本当にありがとうございます。たくさんのリクエストをいただけたことも非常に嬉しいですし、自分にとっても非常に大切な『Girl』という曲が、リスナーの皆さんの毎日の中に、たくさん、本当にたくさんたくさんかかったことが素直に嬉しいです。これからも大切に歌っていけたらなと思います」と1位の喜びを語りました。続いて藤原氏が「シングルカットをしていないにも関わらず1位を獲得できたというのは、我々の戦略を超えて一人歩きした楽曲の力というか。皆さんのおかげだと思います。これからもよろしくお願いいたします」と挨拶。「Girl」について訊かれると、「今年1月に発表した『Signed POP』は、自分のサインを入れたポップ、つまり“秦 基博流のポップ”を追求したいなと思って作ったアルバムで、その中でも『Girl』はアルバムの核となる楽曲です。もともと、何年も前から『ふわり 羽根のよう』という歌詞とモチーフはあって、それをある意味大切に取っておいたのですが、アルバムのテーマや、やろうとしていることにすごく相応しいんじゃないかと、このモチーフを引っ張り出して完成させました」と制作経緯を語りました。赤坂からUSENのようにパブリックな場所で音楽を共有する機会や、昔ながらにレコードで聴く人がいる一方で、個々人がイヤホンで聴くことが多くなった今「音楽家としてどんな意識でいるか?」と問われた際には、「自分の軸として、何を表現することがいいのかを考えると、そこに自分の本当の言葉があるか、表現としてリアリティがあるかを追及して行けば、音質や状況を超えて、聴き手の耳や胸、心に届いていくんじゃないかなと考えていつも制作しています」と彼のシンガーソングライターとしての本質を感じさせる真摯な姿を見せる一面も。

    “鋼と硝子で出来た声”と称される美しい歌声とアコギを武器に、デビュー以来変わらずに何気ない日常を色鮮やかに表現し、抒情豊かなメロディを奏で続けてきた秦 基博。11月にデビュー7年目を迎えた今年は、約6万人動員、自己最長期間の全国ホールツアーを開催し、夏フェスやTV出演などの機会も多かったとのこと。彼自身が多くの人に直に作品を届けたその年に、リスナーからの声が多く反映されるUSENのランキングにおいて1位を獲得したのは意味深かったのではないでしょうか。しかもそれがシングルカットされていない楽曲だったことは、彼の作品が人の心に響いていることの証明のみならず、先行き暗いと語られがちな現在の音楽業界においても、良質な作品は必ずリスナーに届くことが立証された偉業と言っても過言ではないはずです。

    12月25日には、前述のホールツアーを収めたライヴBlu-ray/DVD『Signed POP TOUR』を発表。他のライヴ映像集とは一線を画す秦渾身の本作もぜひ手に取ってみてください。


大人も納得なソウルフルな歌声! 最新最旬ガールズ!

  • リトル・ミックスが洋楽の1位に!

    ティーンに絶大な人気のリトル・ミックスが、洋楽1位

    • 『DNA』
    • 1位「ウィングス」収録のデビュー・アルバム『DNA』

  • 洋楽1位に輝いたのは、リトル・ミックス! 今年8月に発表したばかりの日本デビュー盤『DNA』に収録された「ウィングス」での獲得となりました。 このイギリス生まれのガールズグループは、あのワン・ダイレクションを輩出したことで知られるイギリスの人気オーディション番組「Xファクター」の出身。番組史上初めてグループでの優勝を果たした実力者揃いの4人組です。初オリジナル・シングル「ウィングス」が全英チャート初登場1位を獲得。今年5月に全米デビューするや、『DNA』が全米チャート初登場トップ5入りしたという、かつてスパイス・ガールズも到達できなかったUK出身ガールズグループとして史上初の記録を達成。今や全世界トータルセールスは200万枚を超えるほどです。さらにポップなファッションや、様々なサウンドが絶妙にミックスされたパワフルでノリの良い楽曲は、高感度なティーンを中心に日本でも人気を集めています。しかし注目すべきは、力強くソウルフルな彼女たちの歌。アイドルと思って敬遠してしまいがちな中高年にも、ぜひ先入観なしに聴いてみてほしいクオリティです。

    そんな彼女たちの代表曲「ウィングス」。USENの洋楽ランキングでは、6月19日付ランキングに初登場以来、表彰式当日の12月11日付けでも45位にランクインし、26週連続ランクインを継続中。最高位は2位ながら、その長期に渡るランクインにより見事年間ランキング1位を獲得しました。12月18日リリースされる2ndアルバム『サルート』には、なんと彼女たちが日本のファンのために歌った日本語バージョンの「ウィングス」も収録されるとのこと。こちらもぜひチェックを。

    残念ながら来場とはなりませんでしたが、その喜びの声がビデオレターが到着! 会場に華を添えました(詳細は下記)。表彰式には、所属レコード会社の株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル代表取締役・石橋氏が登場。昨年の1位も同社アーティストのワン・ダイレクションだったことに触れ「2年連続で1位をいただけて、本当に光栄です」と語りました。最初の印象を訊かれると、「チャーミングで歌がうまいことはわかっていたんですが、この『ウィング』について言えば、『翼は飛ぶためにあるのよ』とママが娘に対して応援をするような内容で、ティーンエイジャーにはすごく非常に共感を得たんじゃないかなと思います」とコメント。来日時について訊かれると「みんな、すごく礼儀正しい女の子たちでした。ただ非常に街に出たがって、原宿とかに行っては、キティちゃんなどの日本のキャラクターグッズを買って盛り上がっていました(笑)。すごく日本のカルチャーにはすごく興味があるみたいです」と平均年齢20歳の等身大の彼女たちを感じさせるコメントも。来年1月には来日ライヴも予定。「ただ日数もあまりなく、会場もそこまで大きくはないので、来年1度と言わず、2度3度と来日させたいと思っています」と4人への期待を込めて、挨拶を締めくくりました。


洋邦ともに、新人が活躍した2013

前回に続き、赤坂泰彦の司会でスムーズで和やかに行なわれた表彰式。1位の2組のほか、J-POPではサザンオールスターズや長渕 剛、そして大ヒット朝ドラ「あまちゃん」の役名でのランクインとなった小泉今日子といったベテラン勢が活躍。洋楽ではレディー・ガガ、ケイティ・ペリー、マイリー・サイラスなど、ファッション、ライフスタイルも含めて高い支持を集める女性アーティストが上位に。そして何より邦楽はSalley、ハジ→、ケラケラ、洋楽はリトル・ミックスをはじめ、オースティン・マホーン、ザ・ウォンテッドなど、上半期のみならず、年間を通しても新人アーティストの活躍が目立った1年となりました。
オンエア実績やリスナーからのリクエストを基に集計されたランキングにより、全国の街でもっとも流れたヒット曲を讃えるこの表彰式。今回上位にランクインしたアーティストたちの今後にも注目しながら、次回のランキングをぜひお楽しみに!

  • 司会進行を務めた赤坂泰彦氏

  • 左から 赤坂泰彦/USENグループ会長 宇野/秦 基博/株式会社アリオラジャパン 代表取締役 藤原氏/株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 代表取締役 石橋氏


2組から喜びのコメント

来場した秦 基博に、その心境を直撃インタビュー! 残念ながら来場とはならなかったリトル・ミックスも、ビデオでコメントを届けてくれました。その全貌、さらにUSENのユーザーに向けたメッセージもチェック!

秦 基博

  • J-POP1位秦基博
  • 街中やお店といった、聴いてくれる皆さんの毎日の中に、自分の曲がたくさん流れていたということが、すごく嬉しいです。「秦 基博が思うポップ」を提示したのが、今年1月に発表した『Signed POP』というアルバムで、その核となる曲「Girl」が1位になったのは、このアルバムや自分がやろうとしていたことが認められたのかなと思います。僕はシンガーソングライターである自分というフィルターを通して見た景色や感情を歌っていますが、それは聴いてくれる人と繋がり合える部分がきっとある、という思いで楽曲を作っています。聴いてくれる人それぞれの中で、似たような匂いとか景色を見つけて、これからも秦 基博の音楽を聴いていただけたらなと思います。


    プロフィール|はた・もとひろ|
    06年「シンクロ」でデビュー。“鋼と硝子で出来た声”と称される歌声とその表現力、豊かな叙情性と比類なきポップセンスが同居したアコギによるサウンドが魅力のシンガーソング・ライター。「CDショップ大賞」準大賞受賞経験を持つなど、音楽好きからの評価が高い。12/25ライヴ映像集『Signed POP TOUR』発売。


    ※USENでは、2014年1月6日より、初の試みであるメディア連動企画を放送します。USEN音楽放送「 B-08 アーティスト特集 WEEKLY J-POP 」では1週間、「 スマホでUSEN 」では2週間、秦 基博の特集番組をお届け。お楽しみに。


リトル・ミックス

  • リトル・ミックスからのコメント、1月にまた日本に行くのを楽しみにしているわ!
  • 「ハーイ、リトル・ミックスです。USEN洋楽年間総合ランキングの1位を頂き、ありがとうございます。日本のファンの皆さんの応援のおかげです! みんな愛してます! サポートありがとう。1月に、また日本に行くのを楽しみにしているわ! Thank you、アリガトウ!」(※メッセージビデオより全文引用)


プロフィール|りとる・みっくす|
平均年齢20歳、UK出身4人組ガールズグループ。昨年8月デビュー曲「ウィングス」が全英チャート1位となるなど、全世界で200万枚以上をセールス。今年8月『DNA』で日本デビュー。2nd『サルート』リリースとなる12/18目前、訪日し“ミキサーズ”(ファンの総称)を歓喜させたばかり。1月には単独来日公演も決定。


ランキングはこちら!

特設サイトではJ-POP、洋楽はもちろん、演歌やアニメ、K-POPにインディーズまで、全7つのランキングを発表しています。「2013 年間 USEN HIT ランキング」の全てがここに。ぜひチェックを!

2013 年間 USEN HIT ランキング 特設サイトへ