HOME / オキナワン・ポップス

I-38 オキナワン・ポップス

日本の中でも独自の音楽シーンを形成する沖縄出身アーティストや沖縄在住アーティストによるJ-POPのみを厳選してお届けしています。沖縄でしか流通していないような最新のウチナ・アーティストのインディーズ曲や、「島唄」や「涙そうそう」といった今や日本全国誰もが口ずさむことのできる代表曲まで、沖縄の風土が育てた独自の暖かみを湛えたJ-POPが楽しめるチャンネルです。

放送スタイル
シャッフル放送
対応サービス
SOUND PLANET
SOUND PLANET-i
music AirBee!
SOUND PLANET-i HOME MIX
USEN440

今月のピックアップ・アーティスト

i38_181101_01

i38_181101_02

『songs for...』
2018年11月7日(水)発売
初回限定盤(CD+DVD)
TKCA-74703
¥3,611+(税)

i38_181101_03

通常盤
(CD ONLY)
TKCA-74704
¥3,000+(税)

新生「seven oops」(セブンウップス)
ニューアルバムリリース

メンバー脱退、レコード会社移籍と、大きな転換期を経験したseven oopsの約1年9ヶ月振りとなる通算4枚目のオリジナル・アルバム『songs for...』が完成。 今作で、作詞作曲を手掛けたseven oopsのリーダー、KEITA 曰く。

「3人体制になって初めてのアルバムということで、
seven oopsに対するイメージをいい意味で崩したいというのがありました。
歌詞には、本来、人には言いたくない事や、隠したい恥ずかしい部分も多く、
これまで見せたことのないVo.NANAEの色々な表情を引き出せたと思います。
1曲、1曲明確なテーマのある楽曲たちを、聴いてくれる方が、 その都度「songs for…」の後を、埋めてくれたなら。 と、いう想いを込めて、アルバムタイトルにしました。」

中でも、seven oops自身が、初めて故郷沖縄への想いを込め作った楽曲「この島で」は、様々な年代の方々が共感できる、そんな1曲ではないでしょうか...。 新たなバンドスタイルを表現するに相応しい、1枚になりました。

■プロフィール
2004年、NANAE(Vo.)MAIKO(Dr)KEITA(Ba.)、MICHIRU(Gt.)と沖縄出身の4人で結成。
2017年12月末日でMICHIRUがバンドを脱退、2018年からスリーピース・バンドスタイルとなり、バンド名を「7!!」から、「seven oops」英語表記に変更、第二章のスタートを切った。
来年1月より、NEWアルバムを引っ提げて、バンド編成でのツアー開催決定!
オフィシャルサイト

店舗向けサービス