HOME / 大人の邦楽 ~名盤BOX~

C-60 大人の邦楽 ~名盤BOX~

USENが保有する膨大なライブラリーから、70~80年代を中心に、今も輝きを失わない名盤をアルバム単位で毎週ピックアップします。音楽とともに甦る当時の思い出や記憶。ブームを巻き起こしたフォーク~ニューミュージック、オリジナリティを模索した日本のロックやパンク、洗練されたシティ・ポップまで、夢中で音楽を聴いていたあの青春時代へタイムスリップするかのような至福のひとときをお楽しみください。

放送スタイル
リピート放送
備考
毎週土曜日に更新
対応サービス
SOUND PLANET
SOUND PLANET-i
music AirBee!
SOUND PLANET-i HOME MIX
USEN440

7月15日(土)~7月21日(金)
今週の名盤

C60_170715_01

藤丸バンド『BGM』

藤丸バンド『BGM』(1977年)

TVドラマ「俺たちは天使だ! 」や「探偵物語」の主題歌がヒットして一躍人気バンドとなったSHOGUNの中心メンバー(ギター/ヴォーカル)が芳野藤丸。そのSHOGUN結成前に、芳野藤丸が西城秀樹のバック・バンドとして活躍していた時期に発表した実質的初リーダー作といえるアルバムが“藤丸バンド”名義による『BGM』です。芳野藤丸は、1973年につのだ☆ひろ&スペース・バンドにギタリストとして参加して以来、藤丸バンド~One Line Band~SHOGUN~AB'Sなどを結成、ジャパニーズAORの名作を数多く残し、日本におけるスタジオ・ミュージシャン集団としても成功を収めました。本作は、都会的で洗練されたサウンドで統一され、海外のクロスオーヴァー・ブームからの影響も伺えるソフト&メロウな仕上がりは、今聴いても心地良さを感じます。ボサノヴァ・タッチの「ハイウェイ」などの、日本語歌詞によるアナログA面はシティ・ポップスとしても一級品ですし、英語歌詞によるアナログB面(7曲目以降)は、アン・ルイス作詞による「Can't We Start It All Over Again」をはじめ、カラパナやオロマナといった同時代のコンテンポラリー・ハワイアンAORを思わせるクオリティの高さを誇ります。

C60_170715_02

山本達彦『太陽がいっぱい』

山本達彦『太陽がいっぱい』(1982年)

“シティ・ポップスの貴公子”とも呼ばれた、もう一人の“ヤマタツ”こと山本達彦。1978年に「突風~SUDDEN WIND」で日本フォノグラムからデビュー、3枚のアルバムを残して東芝EMIへと移籍しての第1弾が『I LOVE YOU SO』、続く本作『太陽がいっぱい』(通算5作目)は、アルバムがオリコン5位を記録し、シングル「LAST GOOD-BYE」も最高40位のヒットとなるなど、80年代AORの旗手としてのイメージを決定付けた1枚といえるでしょう。次作の『マティーニ・アワー』から、かなりのサウンド志向となっていくため、ポップ色を残しながら、バラードからロックンロールまでヴァラエティに富んだ内容の本作を、第一期山本達彦の最高傑作とするファンも多いようです。前作に引き続き、井上 鑑やNOBODYがアレンジを手がけており、今剛、後藤次利、林 立夫、浜口茂外也など、ゲスト・ミュージシャンも豪華ですが、アルバム冒頭の「太陽がいっぱい」と最後の「九月のフォトグラフ」を自宅録音によるピアノ弾き語りで収録しているのも面白いところ。テンション高めの「CATHERINE」や「WELCOME TO MY PARTY」といった曲をはじめ、クールな歌いっぷりが印象的な「パシフィック・ブルー」、しっとり甘い「LADY」、ハードAORの「LAST GOOD-BYE」と名曲が詰まっています。

C60_170715_03

菊池桃子『ADVENTURE』

菊池桃子『ADVENTURE』(1986年)

1985~87年にかけて「卒業-GRADUATION」「もう逢えないかもしれない」「アイドルを探せ」など7曲連続でオリコン1位のヒットを放った清純派アイドル歌手、菊池桃子。85年の日本武道館でのコンサートは、当時の最年少公演記録だそうで、その人気の凄さが伺えます。現在は、タレント活動の他に大学の客員教授など、教育の分野でも活躍しているのはご存知の通りです。歌手としての菊池桃子は、決して上手いほうではありませんが、作曲家/アレンジャーの林 哲司とがっちりタッグを組んだ初期3枚のアルバムは、彼女の囁くような声の特性を生かした曲作りとアレンジで、女性アイドルのアルバムとは思えないほどの、シティ・ポップスの傑作に仕上がっています。夏っぽさが全開の1作目『OCEAN SIDE』と並び、この3作目となる『ADVENTURE』も水着ジャケが眩しい大傑作で、季節的には夏から秋にかけての、ちょっと落ち着きが増した感じ。1曲目がインストというのもコンセプチュアルな深みがありますし、淡々としていながら切なさが滲む「ADVENTURE」や「NIGHT CRUISING」、「TOMORROW」などをはじめ、R&B的に洗練された「MYSTICAL COMPOSER」と、超一流のバックの演奏に包み込まれるピュアな彼女の歌声が耳をくすぐります。

毎週土曜更新
0:00〜、2:00〜、4:00〜、6:00〜、8:00〜、10:00〜、12:00〜、14:00〜、16:00〜、18:00〜、20:00〜、22:00〜 2時間番組リピート放送

ソングリスト

【今月の放送内容】

■第1週目
7月1日(土)~7月7日(金)
ザ・プレイヤーズ『ワンダフル・ガイ』、山下達郎『FOR YOU』、笠井紀美子『TOKYO SPECIAL』を放送 2時間番組リピート放送

■第2週目
7月8日(土)~7月14日(金)
南 佳孝『SOUTH OF THE BORDER』、遊佐未森『アルヒハレノヒ』、日暮し『街風季節』を放送 2時間番組リピート放送 

■第3週目
7月15日(土)~7月21日(金)
藤丸バンド『BGM』、山本達彦『太陽がいっぱい』、菊池桃子『ADVENTURE』を放送 2時間番組リピート放送

■第4週目
7月22日(土)~8月4日(金)
1~3週までの総集編  6時間番組リピート放送