HOME / 大人の邦楽 ~名盤BOX~

C-60 大人の邦楽 ~名盤BOX~

USENが保有する膨大なライブラリーから、70~80年代を中心に、今も輝きを失わない名盤をアルバム単位で毎週ピックアップします。音楽とともに甦る当時の思い出や記憶。ブームを巻き起こしたフォーク~ニューミュージック、オリジナリティを模索した日本のロックやパンク、洗練されたシティ・ポップまで、夢中で音楽を聴いていたあの青春時代へタイムスリップするかのような至福のひとときをお楽しみください。

放送スタイル
リピート放送
備考
毎週土曜日に更新
対応サービス
SOUND PLANET
SOUND PLANET-i
music AirBee!
SOUND PLANET-i HOME MIX
USEN440

2月18日(土)~2月24日(金)
今週の名盤

C60_170218_01

甲斐バンド『英雄と悪漢』

甲斐バンド『英雄と悪漢』(1975年)

70年代後半から80年代前半にかけて、日本のロックシーンに一時代を築いたスーパーバンド“甲斐バンド”。79年には「HERO(ヒーローになる時、それは今)」がオリコンチャートで1位を記録し爆発的な人気を確立、86年のバンド解散まで突っ走りました。本作は、青春時代の切なさを歌った「バス道り」を含むデビュー・アルバム『らいむらいと』に続く75年リリースのオリジナル2作目ですが、ソロ的な意味合いが濃かった『らいむらいと』に比べ、バンドとして本来の姿を刻み込んだ実質的なデビュー作といえるものです。先行シングルとなった「裏切りの街角」は75万枚を売り上げるロングセラーとなり、ハスキーで甘さを含んだ甲斐よしひろのヴォーカルは多くのファンの心を掴みました。ロック色の強い「ポップコーンをほおばって」や、「東京の冷たい壁にもたれて」などで見られる都会での疎外感が滲む歌詞は、まだ青臭さを残しながらも独自の世界を作り上げています。ジャジーな「かりそめのスウィング」は3枚目のシングルで、これまでにない作風。フォーキーな「光と影」や「絵日記」も味わい深いものがあります。

C60_170218_02

ガールズ『野良猫』

ガールズ『野良猫』(1977年)

1977年に結成された、日本のガールズ・ロックバンドの先駆けともいえる“ガールズ”。後にジューシィ・フルーツを結成するイリア(奥野敦子)や、ピンナップスを結成するヴォーカルのリタ(野元貴子)が在籍していたことでも知られますが、79年の解散までに2枚のアルバムと3枚のシングルをリリースしています。日本で人気の高かったアメリカのガールズ・ロックバンドである“ランナウェイズ”(ジョーン・ジェットが在籍!)の日本版といった感じですが、そのランナウェイズの「チェリー・ボンブ」や、ローリング・ストーンズの「ホンキー・トンク・ウィメン」、キッスの「ハード・ラック・ウーマン」などの洋楽カヴァーをはじめ、“ズベ公 ”ロックの名曲「野良猫」や「恋は不思議な味」といったオリジナル曲で構成されたデビュー・アルバムが本作です。どこかやさぐれた「北口通り」の歌謡テイストや、猟奇的な歌詞がとんでもない「殺人事件」など、アバズレた感じとセクシーなロックンロールのバランスが面白いカルトな1枚といえるでしょう。

C60_170218_03

Rouge『The Best Of Rouge』

Rouge『The Best Of Rouge』(1975年)

加藤和彦のプロデュースによる、元祖和製グラム・ロックといえる“ルージュ”の唯一のスタジオ録音盤。ジャケット写真からもわかるように、ニューヨーク・ドールズの影響が大きく、ライヴでのド派手なメイクやショーアップされたステージが話題となった幻のバンドです。メンバーはヴォーカルの阿部卓也、ギターの尾塩雅一を中心とした5人組で、後にPINKに参加する逆井オサムも在籍していました。本作は、随所にパロディ精神が見えるキッチュなロックンロールが詰まっていますが、キワモノともいえる「正義のパンツマ」をはじめ、ローリング・ストーンズの「イッツ・オンリー・ロックンロール」とそっくり(?)な「パフォーマー」や、Tレックスの「ゲット・イット・オン」のギターリフが出てくる「スピード・ゲーム」など、かなり刺激的な内容となっています。そのパロディ精神とグラム・ロック風サウンドに試行錯誤のような部分も伺えますが、当時の日本のロックシーンでは特異な存在だったことがわかります。どこかイカレた感じは、後のローリー寺西などに影響を与えたと思われます。

毎週土曜更新
0:00〜、2:00〜、4:00〜、6:00〜、8:00〜、10:00〜、12:00〜、14:00〜、16:00〜、18:00〜、20:00〜、22:00〜 2時間番組リピート放送

ソングリスト

【今月の放送内容】

■第1週目
2月4日(土)~2月10日(金)
ザ・タイガース『ヒューマン・ルネッサンス』、PYG『PYG!』、萩原健一『D'ERLANGER』を放送 2時間番組リピート放送

■第2週目
2月11日(土)~2月17日(金)
飯島真理『Love Season』、和久井映見『だれかがあなたにキスしてる』、宇徳敬子『砂時計』を放送 2時間番組リピート放送

■第3週目
2月18日(土)~2月24日(金)
甲斐バンド『英雄と悪漢』、ガールズ『野良猫』、Rouge『The Best Of Rouge』を放送 2時間番組リピート放送

■第4週目
2月25日(土)~3月3日(金)
1~3週までの総集編  6時間番組リピート放送