HOME / 世紀の名演 クラシック

B-66 世紀の名演 クラシック

音楽にじっくり耳を傾けてコーヒー・タイム……。そんなクラシックの名曲喫茶さながらの雰囲気をお届けします。今では手に入らない貴重な音源や、廃盤となった数々のレコードを中心に、クラシック音楽史に名を残す「巨匠」たちが活躍していた時代の本格的な演奏が甦ります。どこか優しく暖かみのあるレコード(アナログ)サウンドをお楽しみください。

放送スタイル
リピート放送
備考
毎週土曜日に更新
対応サービス
SOUND PLANET
SOUND PLANET-i
music AirBee!
SOUND PLANET-i HOME MIX
USEN440

今月の特集

b66_200901_01

指揮)ハンス・シュミット=イッセルシュテット バンベルク交響楽団 『モーツァルト:交響曲第35番ニ長調K.385「ハフナー」、第31番ニ長調K.297「パリ」』 [ドイツAcanta DC219833]

b66_200901_02

指揮)カール・リステンパルト ザール室内管弦楽団 『モーツァルト:交響曲第38番ニ長調K.504「プラハ」、第39番変ホ長調K.543』 [ドイツOpera 1080]

b66_200901_03

指揮)イオネル・ペルレア バンベルク交響楽団 『モーツァルト:交響曲第40番ト短調K.550、第41番ハ長調K.551「ジュピター」』 [ドイツOpera 1047]

9月 1900年生れの名指揮者たち

9月は1900年に生まれた3人の名指揮者によるモーツァルト演奏をお楽しみいただきます。

1枚目はドイツ、ベルリン出身のハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900年5月5日 - 1973年5月28日)が亡くなる前年の1972年にステレオ録音したモダン楽器、大編成オーケストラによる堂々たるモーツァルト演奏です。イッセルシュテットは歌劇場で修行を積んだ典型的な叩き上げの指揮者で、戦前はダルムシュタット歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラなどの音楽総監督を歴任しました。また、1930年代から録音活動を行い、数多くの管弦楽小品や協奏曲の録音を残しています。戦後は北ドイツ放送交響楽団を創設し、世界一流の団体に育て上げた一方、ウィーン・フィルやベルリン・フィル、BBC交響楽団など有名オーケストラへの客演指揮で高い評価を受けました。1964年と1970年には来日し、読売日本交響楽団と大阪フィルを指揮しました。彼はモーツァルト作品を得意としていましたが、この2曲でも骨組みのしっかりした造形から、音楽が奔流のように溢れ出す、見事な演奏を示しています。

2枚目はドイツ、キール出身のカール・リステンパルト(1900年1月26日 - 1967年12月24日)が1954年12月にモノラル録音したザール室内管弦楽団とのモーツァルトです。リステンパルトはベルリンのシュテルン音楽院とウィーン音楽院に学び、1932年にベルリンで自ら室内管弦楽団を結成して演奏活動を開始します。ナチスとの折り合いが悪かったため戦前の活動は限られていましたが、戦後、1946年にベルリンのRIAS放送のために室内管弦楽団を再び組織し、モンテヴェルディからストラヴィンスキーまで幅広いレパートリーを放送用に録音しました。1953年にはザール放送に招かれ、ベルリン時代の主要メンバー10人を中心としたザール室内管弦楽団を組織。1967年に亡くなるまで150枚を超えるLPレコードを録音し、一部はアメリカや日本でも発売され、彼の名は世界的なものとなりました。このモーツァルトはザール室内管弦楽団の結成2年目のものですが、すでに磨き抜かれたアンサンブルを示していることに驚かされます。このアンサンブルを背景に、音楽はすっきりとした造形と自然な流れをもち、その中に豊かな音楽性を感じさせるバランスの良さが際立っています。

3枚目はルーマニア人の父とドイツ人の母のもとルーマニアで生まれた指揮者、作曲家、教育者のイオネル・ペルレア(1900年12月13日 - 1970年7月29日)が1955年6月にモノラル録音したバンベルク交響楽団とのモーツァルトです。ペルレアはミュンヘンとライプツィヒで作曲と指揮を学んだ後、ドイツ各地の歌劇場で修行を積み、1934年にルーマニアのブカレスト国立歌劇場の音楽監督に招かれました。戦後はミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場といった世界最高峰のオペラハウスの指揮者として招かれ、1952年から1969年までニューヨークのマンハッタン音楽院で教鞭もとりました。指揮者の飯守泰次郎氏(1940~)もペルレアに教えを受けた一人です。1957年に脳卒中の後遺症で右腕が利かなくなると、左腕の指揮者として活動しました。ペルレアのモーツァルトは感情表現や音色表現が実に多彩で、音楽が常に豊かな表情を浮かべています。そして第40番の第3楽章では譜面のアーティキュレーションを変更して個性的な表現を見せるなど、昔の大指揮者ならではの味わいを随所に響かせています。

文/板倉重雄

※特集でお届けしているLP盤を放送後、当番組で過去にお届けしたLP音源の演奏をお届けします。引き続きお楽しみください。

毎日 0:00~ 1時間番組 リピート放送

ソングリスト

【今月の放送内容】
■第1週目
9月5日(土)~9月11日(金)放送
今月の特集 1   1時間番組リピート放送

■第2週目
9月12日(土)~9月18日(金)放送
今月の特集 2   1時間番組リピート放送

■第3週目
9月19日(土)~9月25日(金)放送
今月の特集 3   1時間番組リピート放送

■第4週目
9月26日(土)~10月2日(金)放送
1~3週までの総集編   3時間番組リピート放送

店舗向けサービス

U-SPOT   Uペイ   NEXTクラウドビュー