HOME / 世紀の名演 クラシック

B-66 世紀の名演 クラシック

音楽にじっくり耳を傾けてコーヒー・タイム……。そんなクラシックの名曲喫茶さながらの雰囲気をお届けします。今では手に入らない貴重な音源や、廃盤となった数々のレコードを中心に、クラシック音楽史に名を残す「巨匠」たちが活躍していた時代の本格的な演奏が甦ります。どこか優しく暖かみのあるレコード(アナログ)サウンドをお楽しみください。

放送スタイル
リピート放送
備考
毎週土曜日に更新
対応サービス
SOUND PLANET
SOUND PLANET-i
music AirBee!
SOUND PLANET-i HOME MIX
USEN440

今月の特集

B66_170501_01

指揮)ネヴィル・マリナー フィルハーモニア管弦楽団 『オッフェンバック:オペレッタ序曲集』 [蘭フィリップス 6514098]

B66_170501_02

指揮)ニコライ・マルコ フィルハーモニア管弦楽団 『序曲集』 [英His Master's Voice CLP1110]

B66_170501_03

指揮)パウル・クレツキ フィルハーモニア管弦楽団 『チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調、スメタナ:歌劇《売られた花嫁》序曲、ラヴェル:ボレロ』 [英Columbia 33CX1164]

フィルハーモニア管弦楽団来日記念特集

5月に来日するフィルハーモニア管弦楽団のLPレコードを集めました。

フィルハーモニア管弦楽団は1945年、イギリスEMIの名プロデューサー、ウォルター・レッグによって、ロンドンの腕利きの楽員を集めて結成されました。その後、1964年に自主運営のオーケストラとなり、現在に至っています。実は1枚目の指揮者、イギリスの巨匠ネヴィル・マリナー(1924~2016)は1952年よりヴァイオリン奏者としてフィルハーモニア管弦楽団に在籍したことがあり、後に指揮者になってからしばしば同楽団と録音を行いました。
このオッフェンバック序曲集は1981年のデジタル録音。《美しいエレーヌ》《鼓手隊長の娘》《天国と地獄》など楽しいオペレッタ序曲を8曲収録しています。マリナーはオッフェンバックの美しいメロディ、軽やかなリズム、豊かな色彩を、フィルハーモニア管弦楽団の技量と音楽性を活かして繊細かつ瑞々しく演じています。

2枚目と3枚目はフィルハーモニア管弦楽団の結成当初の録音をお聴きいただきます。設立者のレッグはこのオーケストラを起用して、当時EMIが抱えていた2つのレーベル、His Master's VoiceとColumbiaのために数多くの録音を行いました。2枚目はHis Master's Voiceへの録音で、ロシア出身の巨匠で1959年に来日したこともある、ニコライ・マルコ(1883~1961)が1956年に録音した『序曲集』と題したアルバムです。メンデルスゾーン、スッペ、ボロディン、グリンカ、そして彼がペテルブルク音楽院で教えを受けたリムスキー=コルサコフの有名作品が収められています。マルコの細部を揺るがせにしないケレン味の無い指揮は、情熱や情感も十分表出され、どの曲も引き締まった形式の中に凝縮した内容美を感じさせてくれます。

3枚目はColumbiaへの録音で、ポーランド出身の作曲家で名指揮者でもあったパウル・クレツキ(1900~1973)が1952~53年に録音したチャイコフスキー、スメタナ、ラヴェルです。戦前のベルリンで活躍した彼は、ユダヤ系ポーランド人だったため、ナチス政権樹立後はスイスに逃れ、戦後はイギリス、アメリカ、スイスで首席指揮者のポストを得ながら欧米各地のオーケストラに客演しました。先のマルコ同様に、ケレン味のない率直な指揮ぶりを示しますが、抒情表現に独特のセンスがあり、チャイコフスキーの弦楽セレナードなど、速いテンポの中で旋律を非情に良く歌わせていて、引き締まった造形と豊かな情緒が見事に共存しています。スメタナの《売られた花嫁》序曲では快速テンポによる鮮やかな棒さばきを見せ、躍動するリズムと民謡調の歌の交錯が見事に表現されています。最後のラヴェル:ボレロは、ゆったりとしたテンポと落ち着いた音色で始められ、それがじわじわと高揚し、自然に圧倒的なクライマックスを迎える手腕に魅せられます。

文/板倉重雄

※特集でお届けしているLP盤を放送後、当番組で過去にお届けしたLP音源の演奏をお届けします。引き続きお楽しみください。

【今月の放送内容】
■第4週目
5月27日(土)~6月2日(金)放送
1~3週までの総集編
3時間番組(リピート放送)


「今月の特集 1」
毎日 0:00~、3:00~、6:00~、9:00~、12:00~、15:00~、
18:00~、21:00~

ソングリスト

「今月の特集 2」
毎日 1:00~、4:00~、7:00~、10:00~、13:00~、16:00~、
19:00~、22:00~

ソングリスト

「今月の特集 3」
毎日 2:00~、5:00~、8:00~、11:00~、14:00~、17:00~、
20:00~、23:00~

ソングリスト